【コートヤード・バイマリオット・バンコク・スクンビット20】スクンビットエリアの新築ホテルでのコスパ良しステイをレポします。

タイ旅行【ホテル】

 

こんにちは。タイが好きで家族でバンコクに移住したなぽりです。

 

Instagramではタイでの日常をリアルタイムで投稿しています。

 

今回は、アソーク駅とプロンポン駅の間にある2023年7月オープンの新築のホテル、

コートヤード・バイマリオット・バンコク・スクンビット20(Court yard by Marriott Skhumvit 20)

でのホテルステイをレポします。

コートヤード・バイマリオット・バンコク・スクンビット20とは

コートヤードバイマリオットスクンビット20Court yard by Marriott Bangkok Sukhumvit 20はバンコクの日本人エリアであるスクンビットエリアにある中規模ホテル。

周りはよくあるタイの路地なのでリゾートの雰囲気こそありませんが、アソークとプロンポンという大変便利なエリアにあるので街には出やすい場所です。

マリオットボンヴォイ系列のホテルの中ではお手頃な価格帯なのに、建物が新築に近いくらいの新しさなので清潔感を求める方にはぴったり。

全体的なイメージはビジネスホテルとシティホテルの中間といったところかと思います。

コートヤード・バイマリオット・バンコク・スクンビット20の場所・行き方

コートヤード・バイマリオット・バンコク・スクンビット20はアソーク駅とプロンポン駅の間にあり、

  • アソーク駅から徒歩10分
  • プロンポン駅から徒歩12分

です。

駅からは少し歩く距離ですが、大通り沿いにはちょこちょこ屋台が出てたりもするので、歩いてホテルに向かうのも楽しいかなと思います。

雨季のバンコクは駅から離れていると不便なのでその点は気をつける方が良いでしょう。

両駅からホテルの無料シャトルバスも利用できます。

シャトルバスについてはこちらの章をご覧ください。

コートヤード・バイマリオット・バンコク・スクンビット20の雰囲気・施設紹介

コートヤードバイマリオットスクンビット20の雰囲気や設備を子連れ目線でご紹介します。

外観

こちらは夜の雰囲気です。

スクンビット通りの奇数側(北)と偶数側(南)はそれぞれ雰囲気が違い、偶数側はパブなど飲み屋さんが多かったりしますが、この通りはある程度の人通りがありながらもそんなにうるさいわけでもなかったです。

夜1人でホテルから歩いて数分のセブンイレブンに行きましたが、特に危ない雰囲気ではなかったです。

エントランス〜チェックイン

エントランスからロビーには大きな窓があり、暖かく明るい雰囲気です。

ホテルに伺う前はもっとビジネスホテルっぽい無機質な感じを想像していましたが、旅行として使うにも十分にリラックスできる良い内装だと思いました。

敷地の広さはさほどありませんが、ガラスの壁や扉を多用し、広く見える工夫がされています。

エントランス近くの中庭

チェックインも滞りなく完了。

 

部屋によっては景色が最悪なので、チェックイン時(もしくは予約時に)希望だけでもリクエストしたほうが良いです。

 

お部屋

お部屋は一番スタンダードなお部屋です。

我が家はダブルベッドが2つあれば添い寝できるので、エクストラベッドは頼みませんでした。

Marriott Bonvoy会員なので12歳までの子どもの追加料金はなしです。

お風呂場の壁がガラス窓になっていて広く見えるデザイン。

美品も全て真新しく清潔です。

お世辞にも広いとは言えませんが、不思議なことに居心地は良し。

  • 建物自体が新築であること
  • デザインがシンプルなのに品があること
  • お風呂との壁が窓ガラスになっているなど広く見える工夫があること
  • ベッドの質が良いこと

などが心地よさの要因かと。

家族全員で盛り上がったのがベッドやタオルが超ふかふかだったこと。

今までそこそこ良いホテルに宿泊してきていますが、ベッドとタオルに関しては今までで一番気持ち良かったかもしれません。

「のんびり」と言うよりも、「ダラダラ」できる雰囲気の部屋なので巣ごもりしたくなりました♡

先ほどもお伝えしましたが、私が案内された部屋はめっちゃ景色が悪かったので部屋の位置は可能な限りリクエストした方がいいです。

備品・アメニティ

歯ブラシや石鹸など基本的なものはお部屋に揃っています。

タオルがふわふわ

お水は電話すれば無料で追加してくれます。

スリッパもありました

テレビ・インルームダイニング

お部屋のテレビでNHK以外の日本の地上波も映りました。

英語のキッズ向けのチャンネルもあり。

びっくりしたのはコレ。

 

枕元のデジタル時計の上にスマホスタンドがあり置くだけで充電できました。

最新!

コンセントの位置もしっかり考えられていて、パソコンを使って作業する際もストレスなしでした。

朝食ビュッフェ

朝食会場がそんなに広くないので食事を取りやすかったです。

人が多くないのでゆっくりと食事できるのが個人的にはとっても良く、良い朝食になりました。

Marriott Bonvoyは小規模なホテルでも朝食が美味しいと定評があるそうで、こちらのホテルも全体的に美味しかったです。

次女が偏食で少しでも美味しくないと食べないのですが、彼女もしっかり食べていました。

和洋タイ、一通りが揃っています。

納豆もある

西洋料理、タイ料理、インド料理、日本米と納豆、お味噌汁、カツオのふりかけ、温泉卵、お漬物など、選択肢が多いのがよかったです。

ディナー

私たちは近くの韓国焼肉やさんに食事に出たのでホテルでのディナーはしていません。

ディナーができるのは朝食と同じレストランです。

雰囲気はこんな感じ。

カクテルタイムはDJも入っているようでした。(土曜夜)

プール・プールバー

シティタイプのホテルですが、ルーフトップ(屋上)にはプールとプールバーがあります。

ホテル自体が9階建ての低層ホテルなので周りの他の建物からの圧迫感は多少あるけど、子どもたちはそんなの関係なく楽しく遊んでいました。

プールの水回りも清潔感あり、人も少なく◎

加点はありませんが減点もなく、楽しんで遊びました。

浮き輪などの備品はありません。

子連れ向けのスライダーなどが充実しているプールを探している方もいるかもしれませんが、そもそもバンコクにはキッズ向けのプールがあるホテルが少ないので、バンコク内のホテルならどこもプールの規模はこんな感じかなと思います。

 

スライダーがあるような大きなプールがあるホテルに泊まるなら、パタヤ・ホアヒンあたりまで行く方が良いかも!

 

プールサイドにはプールバーがあり、ドリンクや軽食をオーダーできるのでしっかりリゾート気分。

プールサイドにはタオル完備。

シャワーとサウナもあります。

フィットネスジム

軽く運動するには十分のジムです。

キッズルーム(常設ではないので注意)

コートヤードバイマリオットスクンビット20には、常設のキッズルームや子ども向けのプログラムはありません

しかし、週末に開催される「サタデー/サンデーランチビュッフェ」を利用するお客様用に即席で作られた簡易なキッズスペースがありました。

私たちの宿泊が週末だったので、ホテルの方に許可を取り30分ほど遊ばせてもらいました。

今後、週末だとしてもこのキッズスペースが継続して用意されるとは限らないので、子ども連れでの宿泊を検討される方はホテルにメールで尋ねてみてください。

【問い合わせ先】
Mail:cy.bkkct.ays@courtyard.com
INSTA:@courtyardbangkoksuk20

アソーク/プロンポンからの無料シャトル

シャトルバスは

  • 奇数時にはアソークのエクスチェンジタワー
  • 偶数時間にはプロンポン駅近くまで

という感じで1時間に1本、どちらかの駅まで運んでくれます。

降り場で待っていれば、駅側からホテルに向かうシャトルに乗ることもできると思います。

アソーク駅の降り場(奇数時)

アソークは駅前ではなくエクスチェンジタワーのロータリーです。

以下のスターバックスの近くのドアから外に出た場所です。

もっと詳しい案内が欲しい方はホテルに問い合わせてみてください。

プロンポンの降り場(偶数時)

プロンポン側はエンポリタワーとベンシャシリ公園の間です。

こちらも詳しく知りたい方はホテルに問い合わせてください。

その他の設備の有無

  • 共用コインランドリーなし(ホテルのランドリーもしくはsoi22などに街のランドリーあり)
  • ラウンジなし(マリオットプラチナの方には特典があるそうです。問い合わせてみてください)
  • スパなし
  • 徒歩2分にコンビニあり

コートヤード・バイマリオット・バンコク・スクンビット20での宿泊費用

今回、コートヤード・バイマリオット・バンコク・スクンビット20に1泊した合計料金は以下です。

コートヤード・バイマリオット・バンコク・スクンビット20宿泊費(朝食含)3,900バーツ26,000円

Marriott Bonvoyのアプリで取ると、12歳以下は添い寝、朝食無料です。

予約は大人2人でOK。

予約後に子どもも一緒の旨をメッセージすればOKです。

コートヤード・バイマリオット・バンコク・スクンビット20まとめ

Court Yard by Marriott Bangkok Sukhumvit 20(コートヤード・バイマリオット・バンコク・スクンビット20)でのステイのレポでした。

2週連続でスクンビットエリアのマリオット系列のホテルにステイしたのですが、料金はこちらの方が半額くらいだった&☆も一つ少ないのに、リラックス度はこちらの方が高かった気がします。

コスパ良いホテルとはこういうことかな、と思い嬉しく思いました♪

雰囲気の豪華さやスタッフのおもてなし感は5☆にはかないませんが

  • エレベーターが混まない
  • プールに人が少ない
  • 朝食が空いていて取りやすい&落ち着いて朝食を楽しめる
  • 良い感じに放置してくれつつも話しかけると真摯に対応してくれる

などなど、こじんまりしているからこその落ち着きがあり、大きなプールや敷地がある贅沢なホテルとは違う意味で、ゆっくりとした良いステイができました。

アソーク、プロンポンへのシャトルバスを使って移動すれば、レストランやお買い物ができる場所がたくさんあるのできっとバンコク旅行を満喫できると思います。

駅から離れているので(徒歩10分)雨季のスコール、渋滞には気をつけてください。

コートヤード・バイマリオット・バンコク・スクンビット20(Courtyard By Marriott Bangkok Sukhumvit 20)

Google Map
TEL:+66 -2127 5900
Mail:cy.bkkct.ays@courtyard.com
INSTA:@courtyardbangkoksuk20

タイトルとURLをコピーしました