バンコクの治安は?タイって安全?何に注意すれば良い?実際の危ないエピソードもご紹介【子連れタイ旅行】

タイ移住のこと

 

こんにちは。

タイが好きすぎて家族でタイ移住したなぽり@naho.thailandです♪

 

子連れタイ旅行を検討するときに気になるのが治安ですよね。

結論から言うと、今まで私は世界中の国に30か国くらい行きましたが、他の国と比べてバンコクは比較的治安が良いと言えます

3年間住んでいますが、基本的に危険を感じたことはありません。

受け取り忘れたお釣りの5バーツ(20円)や、チップのつもりでテーブルに置いてきた100バーツ(400円)も「忘れているよ〜!」と追いかけて持ってきてくれるほど正直な人も多いタイです。

とはいえ日本ではないので、日本と同じ気持ちでのんびりしていると格好のカモになりかねないと言うのも事実。

今回の記事では

  • 子連れバンコクは危険か?
  • 何に注意すれば良い?

と言う不安を払拭するために、実際に耳にした危険エピソードを踏まえて

「気をつけるべきポイント」

をお伝えします。

基本的に危なくない街なのでので、いくつかのポイントを押さえておけば怖い思いをすることはないと思います。

今回の記事をよく読んで、「あ、これは例のあの話だな?!」と反応できるように心構えをしておきましょう。

バンコクで耳にする危ないエピソード

バンコクに住んでいて耳にする「危ない」または「ちょろまかしてきた」エピソードをご紹介します。

  1. 嘘つきトゥクトゥク
  2. 大麻を吸ってるタクシー運転手
  3. スリ
  4. 謎のアラブ人「お金見せて」
  5. 1000バーツお釣り問題
  6. セクハラマッサージ
  7. 交通事故

1. 嘘つきトゥクトゥク

お寺やレストランを探しているときにトゥクトゥクの運ちゃんに話しかけられたら要注意。

例えばワットポー前で、

「ワットポーは閉まってるから俺がツアーしてあげる」

と言ってきた人は大体嘘つきトゥクトゥク!!

まんまと信じてしまうと

「このお寺なら今の時間も行ける!船で行くツアーが、家族みんなで2500バーツ!」

などと他のボートツアーに参加させられるという嘘つき運ちゃんが多発しています。

案内されたツアーに参加すると運転手にキックバックが入るんですよね。

ワットポー近くに人がたくさんいて、車や観光バスが泊まっているならお寺が休みなことはないです。※そもそも休みになる日、時間帯はほぼない

嘘つき運転手の口車に乗せられたとしても、案内されるツアー自体はそこまで法外なぼったくりではないのですが、せっかく行きたくてそのお寺に向かったのに嘘つかれて行けないって最悪。

嘘つき運ちゃんはお寺の前以外にも、有名なレストラン前やアユタヤ行きの駅前などにもおり

  • トゥクトゥクで宝石屋巡りをさせられたり
  • 他のレストランに連れて行かれたり
  • アユタヤ行きの電車は満員で乗れないと言われてタクシーでツアーをすることになったり

どれもお金を取られるという残念さよりも、せっかく計画してそこに向かったのに嘘つかれたせいで他の場所(や手段で)に行くことになったという残念さがあるいかなと思います。

「お寺やお店や駅が閉まっているor満員で入れないよ」などと言われても信じずに、自分で中に入って確認しましょう。

それで本当に閉まっていたなら、戻って交渉すると良いです。

「一度断ったのにまた同じ人にお願いするの気まづい…」みたいな日本人的な気遣いは全く不要。

向こうも商売ですから嬉しいに決まってるし、その気遣い自体日本以外では理解されないかもです。

ちなみに、嘘つき運ちゃんに騙されて着いて行ったとしても命の危険はないですし、他のツアーに案内されたとしても1万円くらいのツアー料金を取られるくらいです。

私は前にレストラン前で嘘つかれたのですが「ほんと?嘘でしょ?自分で見てくる!」と言ってお店に行ったら案の定オープンしていたので食事をして、その後に運ちゃんのところに戻って「空いてたよ〜!嘘はダメよ!」と言いに行ったらニヤニヤしてソーリーと言ってました。

悪人と言うより、そいういうスタイルの商売です😂

2. 大麻を吸って運転するタクシー&バイタク

タイでは大麻が合法みたいになっているので平気でその辺で大麻が吸えます。

大麻を吸っている人がいてもこちらには危険がないので良いのですが、タクシー運転手だけは別!!

飲酒運転の人の車に乗りたくないのと同じで、大麻を吸った人のタクシーは乗らない方が良い!!

違法ではないお店で吸えば大麻を吸っての運転も違法ではないのかもしれませんが、普通に大麻吸った人の車に乗るのは嫌ですよね!

以前、流しのタクシーを停めるとあきらかに大麻の匂いがしたので断ったこともあります。

  • なんか変な匂いがする
  • 返事の反応が悪い
  • 英語がわかっているはずなのに会話が成り立たない

と思ったらその車には乗らず、別のタクシーを呼ぶ方が良いです。

半日ツアーをお願いしたら運転手が目の前で大麻を吸い始めたが無事に事故なく帰れたという話もありますが、スワンナプームまでと伝えて予約していたのに運転手が大麻を吸っていて気づいたら全く違う方面に進んでいて飛行機に乗り過ごしたと言う怖い話もあります。

なので、私は吸っている人のタクシーは乗らないようにしています。

3. スリ

スリもそれほど酷くありませんが、満員電車でリュックを後ろに持っていたら財布をやられたと言う話や、すれ違いざまにスマホをひったくられたと言う話もたまに聞きます。

アソーク駅でスマホを見ながら歩いていたら手からiPhoneを引ったくられたという話も聞きました。

(タイ語ペラペラな方なので、追いかけて文句を言ったら返してくれたらしいですが。笑)

スリやひったくりをしてくる人もいるというのを忘れずに荷物の管理はしっかりと。

4. 謎のアラブ人がお金見せてと言ってくる謎サギ

ナナやアソークエリアで起こると言われている、謎のアラブ人に「あなたの国のお金を見せて」と言われる謎の詐欺(?)。

見せたお金を取られるのか?そのまま口車に乗せられて何か買わされるのか?

終着点がどんな詐欺(?)なのかまではわからないのですが、謎のアラブ人に話しかけられたという話はよく聞くので注意です。

英語がわからないフリをして逃げましょう。

5. 1000バーツお釣りちょろまかし

パンガン島のフルムーンパーティで目にしたのが、お釣りをちょろまかしてくる事案。

1000バーツを渡したはずなのに「もらったのは500バーツだ」と言われ、お釣りが少なく返ってくるというやつです。

特に夜の街で酔っ払っている人にはお釣りをちょろまかしてくるかもしれないので、1000バーツ渡すときは「ワンサウザンドね〜!」と自分で声を出しながら渡しましょう。

6. セクハラマッサージ師

あからさまに変なところを触ってくるマッサージ師の話がたまにあります。

去年はカオサンとビクトリーモニュメントのマッサージ屋で起こったそうで日本人の女性が警察沙汰にしていました。

タイの警察はまだ賄賂が通用するのもあり(地元人びいきも海外あるあるです)、立件は難しそうとのこと。

男性のマッサージ師はまずチェンジしてもらうのがいいでしょう。

7. 交通事故

色々なちょろまかしやスリがありますが、バンコクで一番命に関わる危険は交通事故!

特に自分で運転している時に地元の人と事故ると、警察はタイ人を贔屓するので外国人は不利です。

四方八方を気をつけて道を歩いてください。

私が気をつけている対策と心構え

私がタイでの生活の中で、または海外旅行に行ったときに気をつけてやっている対策をご紹介します。

  • 流しのタクシーに乗ったらナンバープレートの写真をこっそり撮る
  • 料金のことを口で交渉する場合その場でスマホに数字を書いて見せて確認してメモも残しておく
  • つたない英語でもなるべくタクシーの人と話して質問して、ガンガン意見を言うめんどくさそうな人と認識させる
  • 子どもだけでトイレに行かせたりひとりにさせない
  • 夫は抑止力のために筋トレしてる

などです。

基本的に悪人も、めんどくさい人を騙すのはやめようと思う傾向にあると思います。

気が強くて質問多くてはっきり意見言ううるさそうな私と筋肉隆々の夫の組み合わせだからか、治安悪い国も行ってるけど基本ヤバいことは今のところなしです。

危ない経験はないとは言え、タイに住んで2年半経つ今も、グラブで呼んだタクシー(身元が割れてるから比較的安心に乗れるとされてる)ですら絶対寝てしまわない程度には無意識で気を張って生きてます。

それが海外の基本です。

タイだけじゃなく日本から出たらボケーと過ごさないで

この記事解説した危険エピソードは全て、タイじゃなくてもあり得ます。

特にお金に関しては、日本を一歩出るとみんなテキト〜なこと言って悪気もなくちょろまかしてくると思った方がいいと心に刻んでおきましょう。

英語が話せない上に気持ちも優しい(意見や文句を言わない)我々日本人は格好の餌食だというのが世界共通認識です。泣

疑ってかかるわけじゃ全くないんだけど信用も全くしてない、ってのが海外にいる時の基本かもしれません☺️

あと基本的な認識として

  • タイで嘘つき詐欺やボッタクリと言ってもせいぜい2千〜1万円くらいなので、何かあってもお金を払ってもめないようにする
  • この国は銃社会だというのを忘れない(タイ人と喧嘩しない。特にタクシー運転手)
  • もめる(主張をする)つもりなら前もって色々と証拠の写真を撮っておく

このあたりをで考えておくと必要以上に危険な状況にはならないです。

証拠がない限り「言った・言わない」の話で揉めても意味がないので私なら諦めます。

料金などはOKする前にスマホのメモ機能に数字を書いて認識しあったり、料金表示の看板の写真を撮ったりして証拠になるものを残しておけば、こちらが主張することもできます。

バンコクの治安は?タイって安全?何に注意すれば良い?実際の危ないエピソードもご紹介【子連れタイ旅行】まとめ

海外旅行に慣れてきたほとんどの方が、嘘をつかれたりぼったくられてても

「キャー!詐欺だ!この国怖い!」

とすら思わず

「やれやれ🤷🏻‍♀️はいはい🤷‍♂️」

と思う感じなんじゃないかと思います。

悪人じゃなくてもちょろまかしてくる、バレると「えへへ」と誤魔化す。

そんなもんです。

タイは世界的に見ると比較的治安いい国です。

私の経験上、パリ、スペインなどのヨーロッパでの方が、後をつけてこられたりポケットに手を入れられたりと、怖い思いしました。

それほどの危険はバンコクはそこまでないので怖がることはないです😄

でも、気は抜かず。

基本的に当たり前にずっと気をつけておいてくださいね。

子連れバンコク旅行についてのガイドブックになるこちらの記事もご覧ください♪

タイトルとURLをコピーしました