アイコンサイアム(ICONSIAM)を徹底解説!楽しむためのポイントをまとめます【子連れバンコク】

バンコク街歩き

 

こんにちは。
家族でタイのバンコクに移住し9歳と5歳の娘を育てるなぽり(@naho.thailand)です。

 

バンコク旅行で必ず訪れて欲しいのがチャオプラヤ川沿いのリバーサイドエリア

タイの昔ながらな特徴である「川を移動する生活スタイル」が垣間見えることや夜景の美しさにバンコクに来たワクワクを感じられます。

そしてリバーサイドで立ち寄りたい場所といえば、ICOMSIAM(アイコンサイアム )

今回の記事ではアイコンサイアムに行く際に知っておくと楽しめるポイントをまとめます。

子連れじゃない方にも参考になると思うのでぜひ読んでみてください♪

  1. 子連れバンコク観光ナビ
  2. アイコンサイアム(ICONSIAM)とは
  3. アイコンサイアム(ICONSIAM)行き方
    1. ①タクシーを呼ぶ
    2. ②BTS(電車)とボートを乗り継ぐ
      1. BTSサパンタクシン駅からボート乗り場まではエレベーターがないので注意
    3. ③電車を乗り継ぐ(BTSゴールドライン)
    4. ④ホテルからボート
  4. アイコンサイアムの両替所
  5. アイコンサイアム(ICONSIAM)のレストラン
    1. ①屋台エリア(sook siam)
      1. 屋台エリア(sook Siam)にあるレストラン
    2. ②レストラン
      1. 日本人も使いやすい各フロアのレストラン
    3. ③日本食レストラン・日本のスーパーマーケット
  6. タイっぽ土産
    1. ①sooksiam(地上階)
    2. ②4階&5階:ICONCRAFT
    3. ③各フロアの専門店
      1. バンコクTシャツ
      2. スパブランド
      3. Phufa(カゴ屋さん)
    4. ④G階:スーパーマーケット(Dear Tummy)
    5. ⑤G階:コンビニ(セブンイレブン)
    6. ⑥5階:ワトソンズ(薬局)
  7. タイ衣装の撮影
  8. 噴水ショー・花火・夜景で夜まで楽める
      1. 夜景が見えるテラスがあるレストラン一覧
  9. タイ発の人気カフェがたくさん
    1. ①東南アジアいちのスターバックス
    2. ②After You(アフターユー)
    3. Cha Tra Mue
    4. Pang Cha(パンチャ)
    5. Little.p(リトルピー)
  10. キッズの遊び場
    1. ①4階:高島屋のおもちゃ売り場
    2. ②5階:1時間199バーツで遊べるBRIX
    3. ③5階:本屋さん・ゲームセンター・トイザラス
    4. ④6階:バンコク随一の有料遊び場メガハーバーランド
    5. ⑤その他:臨時イベントもチェック
  11. サンダルや服のお買い物ができる場所
    1. ①1階:H&MとZARA
    2. ②2階:ユニクロ
    3. ③高島屋4階:キッズフロア
    4. ④3階:スポーツブランド
    5. ⑤5階:mother care
    6. ⑥メリッサ・ジェリーバニー
  12. 子ども用のトイレ・授乳室
  13. アイコンサイアムのトイレ
  14. 【お得情報】旅行者も在住者もツーリストカードを作ろう
    1. ツーリストカードの作り方
  15. アイコンサイアム徹底解説まとめ

子連れバンコク観光ナビ

本題に行く前に…

バンコク旅行の方に役立つ観光ナビを作りました!

  • タイってどんな国?
  • バンコクって子連れ旅行に向くの?
  • 子連れでバンコクって楽しめる?
  • 子連れでどんなことができる?

など、子連れバンコク旅行の全てを余すことなく載せているので、旅行前にぜひ読んでみてください♪

 

 

アイコンサイアム(ICONSIAM)とは

アイコンサイアム(ICONSIAM)はバンコクで最も人気があるショッピングモールの一つ。

リバーサイドというバンコク屈指の観光エリアにあるので、バンコク旅行での行き先として組み込む方も多いと思います。

アイコンサイアムの最大の特徴は観光者向けのショッピングモールだという点。

特に、G階にあるsook siam(スークサイアム)というエリアには

  • タイの屋台料理
  • タイの工芸品
  • タイ各地の伝統をモチーフにした内装

が広がっていて、そこに行くだけでもタイらしさを楽しめます。

観光でバンコクに来て、どこか一つしかショッピングモールに行けないとしたら絶対にアイコンサイアムがおすすめ。

ここに行くだけでタイらしさを存分に楽しめるからです💕🇹🇭

子連れにおすすめできる点は、大型の有料遊び場があること。

また、ボートで行けることや、噴水ショーや不定期であがる花火など、他のエリアにはない非日常感があります。

 

東京で言うとお台場やベイエリアみたいな雰囲気♡

 

どんな楽しみ方ができるのかあらかじめ予習しておきましょう♪

アイコンサイアム(ICONSIAM)行き方

アイコンサイアムへの行き方はざっと3種類。

それぞれ解説します。

  1. タクシーを呼ぶ
  2. 電車とボートを乗り継ぐ
  3. 電車を乗り継ぐ(ゴールドライン)
  4. ホテルのボート

①タクシーを呼ぶ

GrabBoltやInDriveなどのタクシー配車アプリを利用すれば、前もって料金が分かった上でタクシー移動ができます。

アプリの行き先を「ICONSIAM」または「アイコンサイアム(カタカナでOK)」で検索して配車しましょう。

渋滞が酷い時間帯に重なると、時間がかかってしまうことがあるのが難点。

時間が限られているならば次項で紹介する電車を使った移動の方がスムーズかもしれません。

時間に余裕があるならば、タクシー移動中に子どもをお昼寝させてパワーチャージしておくのも一つの手なので、渋滞覚悟でタクシー移動をするのもありだと思います。

 

GrabやInDriveなら道が混んで時間がかかっても定額です。

 

②BTS(電車)とボートを乗り継ぐ

BTS(電車)とアイコンサイアム専用のシャトルボートを乗り継いでプチ旅行気分で移動することもできます。

ボートが発着する、

  • BTSサパンタクシン駅(2番出口)
  • サトーンピア→MAP

目指しましょう。

※BTSサパンタクシン駅とサトーンピアは同じ構内にあり徒歩1-2分です

▽一例としてサイアム駅のセントラルワールドからアイコンサイアムへの経路です

BTSサパンタクシン駅からアイコンサイアムまで約15分おきに専用シャトルボートがあります。

2023年6月から有料になり、今はひとり10バーツです。

90cm以上は有料ですが、身長のチェックはチケット売り場の方の裁量なので場面に合わせて料金を支払いましょう。(4歳くらいまでならギリギリカウントされないこともあります)

アイコンサイアムからサトーンピアの帰路も15分おきに発着しています。

BTSサパンタクシン駅からボート乗り場まではエレベーターがないので注意

BTSサパンタクシン駅にはエレベーターもエスカレーターもなく階段しかないので、ベビーカーやスーツケースをお持ちの方は注意です。

ベビーカーを下ろしたいなどヘルプが必要な場合は、駅員さんに声をかけて手伝ってもらってください。

サイアムから向かう場合、電車は進行方向の先頭or3両目あたりに乗ると便利な位置で降りられます。

サパンタクシン駅の2番出口、階段を降りて直進するとサトーンピアという船着場があり、左手の一番奥まで進みます。

この船着場はアイコンサイアム専用ボート以外にも、

  • アジアティーク
  • チャオプラヤエクスプレス(ツーリストボート・オレンジライン)
  • 各種ホテル(マンダリンオリエンタル・カペラ・ペニンシュラ他)
  • コンドミニアム

の船の発着場所でもあるので、乗り口がいくつかあります。

アイコンサイアムへの乗り場は、左手の一番奥(チケット売り場も通り過ぎた奥)と覚えておいてください。

きっちりした時刻表はありませんが、15〜20分に一本の頻度で船が来ます。

待ってる時間も楽しむくらいの気持ちで、時間と気持ちに余裕を持ってのんびり向かいましょう。

③電車を乗り継ぐ(BTSゴールドライン)

電車を乗り継ぎBTSゴールドラインに乗り換えると、アイコンサイアムの目の前にあるジャルンナコン(Charoen Nakhon)駅に到着します。

シーロムライン(濃い緑)で「クルントンブリ(Krung Tong Buri)」駅で下車し、同じ駅でゴールドラインに乗り換え「ジャルンナコン(Charlene Nakhon)」がアイコンサイアム直結の駅です。

大雨の場合はボートでの移動より、電車を乗り換えて行く方が楽な場合もあるかも。

しかし、ほとんどの方がボートかタクシーで移動するので、一番マイナーな移動方法です。

④ホテルからボート

リバーサイドのホテルに宿泊する方は、ホテルの専用ボートでアイコンサイアムまで直通で行くことができます。

以下は主要なホテルの時刻表です。

時刻表は変更された場合もあるので、必ずご自身でご確認ください。

マンダリンオリエンタル

カペラ・フォーシーズンズ

シェラトン

アナンタラ・アヴァニ

サリルリバーサイド

アイコンサイアムの両替所

アイコンサイアム4階にスーパーリッチという両替屋さんがあります。

バンコクでのベストの両替レートではないですが、チェーン店の両替屋さんなので使う分をここで両替するのもありだと思います。

バンコクでの両替のレートはこちらのサイトで確認できるので、ホテルの近くなどで良レートのお店があればそちらで両替しましょう。

アイコンサイアム(ICONSIAM)のレストラン

アイコンサイアムで食事ができる場所をご紹介します。

  1. フードコート(SOOK SIAM)
  2. レストラン
  3. 日本のレストラン・スーパー

①屋台エリア(sook siam)

G階(地上階)にあるsooksiamという、タイの屋台フードがたくさん並ぶエリアがアイコンサイアムの目玉の一つ。

大きなフロア丸々が屋台(フードコート)のようになっています。

ボートで到着した場合、川沿いから建物に入って少し先に進むとすぐに「sooksiam」という看板が見え、その先に屋台が並びます。

ここにいるだけでタイ全土を旅行した気になれるようなTHE タイ!に埋め尽くされた雰囲気で、エンタメ度高。

無料で座れるテーブルがありますが、週末は人がごった返しているので席を取るのも一苦労。

エスカレーターや階段で昇れる中2階(UG階)の席は人が少なくて穴場です。

ここを登ると空いてるお席がある

テーブルがあるエリアにはステージがあり、タイの伝統ダンスや歌を披露してくれる時も。

タイ舞踊などがみられるステージ

屋台エリアで買える子ども向けのタイ料理は、ムーピンと呼ばれる豚の串。

我が家がよく買うスーパーの前のムーピン屋さん

パッタイやシュウマイも売っていますが、お味はお店次第…!

(子どもには当たり外れが大きいかも。そんな場合は後ほど紹介する日本食のエリアへ)

辛いのがOKな方はソムタムやラープ、クイッティアオトムヤムも美味しいお店がいくつかあります。

旅行中はフレッシュジュースでビタミン補給するのも大事です。

グアバ、サトウキビ、オレンジの生搾りジュース

屋台の中にはお土産にもなるタイ菓子も売っています。

ガラメーというタイ菓子

美味しい屋台も美味しくない屋台も混在していて、ハズレもあります。爆

山のようにお店があるし場所が移動することも多くでおすすめ店を紹介するのは難しいので、ご自分で目利きして美味しそうなものを見つけてください。

タイの屋台の基本として、たくさんお客さんが群がっているところは回転率が高いので比較的安心して食べられます。

こちらが一応、sooksiamのエリア図なのですが、こんなのが意味をなさないくらいごった返してギュッと詰まっています。

補足すると、屋台エリアは人が多くて席を確保するのも大変なので、子連れの方は同じsooksiamエリアに点在するレストランに入るのが良いかも。

レストランなら席をスムーズに確保できるし、外からの屋台の料理の持ち込みもOKしてくれることがほとんどです。

屋台エリア(sook Siam)にあるレストラン

屋台エリアでもレストランなら落ち着いて食事できる

  • Nara(タイ料理全般)
  • Boon Tong Kee (カオマンガイ)
  • Khao Soi Lamduan(カオソーイ)
  • Peppery Thai Birtro(タイ料理全般)

②レストラン

落ち着いて座ってお食事がしたい方はレストランがベター。

いくつかのフロアにレストランが集まっています。

  • G階(地上階)の川沿いから建物に入ったすぐのエリア
  • 5階
  • 6階
  • LG階(スシロー)

が主なレストランエリアです。

こちらがオフィシャルサイトのレストラン案内ページです。

 

 

各フロア(G、5階、6階)の川に面した側のレストランは外が見えるバルコニー付きで、夜景や噴水ショー、運が良ければ花火を見ながら食事ができます。

6階James Boulangerieのバルコニー席

川沿いを見下ろせるバルコニーがあるお店はこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

 

 

日本人も使いやすい各フロアのレストラン

  • バーンカニタ(タイ)
  • バーンアイス(タイ)
  • KUB・KAO KUB・PLA(タイ)
  • 紅包(中華)
  • ティップサマイ(パッタイ)
  • スシロー

③日本食レストラン・日本のスーパーマーケット

海鮮丼350バーツ〜

タイ料理・アジア料理に飽きてしまったら日本食♪

アイコンサイアムの道路側のエリアには高島屋が入っており、G階(地上階)と4階、5階、6階に日本のレストランがたくさん入っています。

 

 

レストランに入るほどじゃないな…という方は、高島屋のG階にある

  • にぎりたて(おにぎり)
  • ガブリチキン(唐揚げ)
  • 信濃路(うどん)
  • ミートラボ(お肉)
  • 恵比寿キムカツ(とんかつ)
  • てっぺん(海鮮丼)
  • お好み焼き
  • 北海道どさんこプラザ

などがあるエリアは日本のフードコート感覚で子どもに日本のご飯を食べさせることができて便利です。

他にも全館の各フロアに、

  • 6階(やよい軒・とんかつ和幸・京都勝牛・モーモーパラダイス)
  • 4階高島屋ローズダイニング(かつくら・うなぎ徳・小樽政寿司・すし勝・カムイ北海道・肉虜きっしゃん)
  • G階川沿い(秋光天丼・ラーメンばんから)
  • UG階(スシロー)

など、日系のレストランがあります。

おにぎり50バーツ〜

信濃路

また高島屋のスーパー内の「中島水産」のお寿司のパックを買ってフードコートエリアで食べてもOK。

1,000円せずに日本のスーパー並みの味のお寿司パックが買えます。

タイっぽ土産

アイコンサイアムで買えるタイっぽ土産はこちらの記事にまとめています。

▽工芸や雑貨編

 

 

▽バラマキ土産のお菓子編

 

 

せっかくなのでこちらでもざっとご紹介します。

  1. G階(sooksiam内)
  2. 4階(ICON CRAFT)
  3. 各フロアの専門店(ユニクロやNIKEのタイ限定Tシャツ/LOFTタイグッズ)
  4. G階:スーパーマーケット(Dear Tummy)
  5. G階:コンビニ(セブンイレブン)

①sooksiam(地上階)

先ほど紹介したG階(地上階)のフードコートsooksiamには食べ物だけでなくタイっぽ土産・工芸品が充実。

  • タイパンツ
  • 名入れしてくれる革のパスポートケース
  • 色とチャームが選べるオリジナルビーチサンダル
  • タイ伝統の染めで作ったシャツ・グッズ
  • タイフードのミニチュア
  • ヤードムやタイハーブ

などのお土産品が♪

お料理の屋台とお土産の屋台はsooksiamエリアに混在しています。

ヤードム屋さん

②4階&5階:ICONCRAFT

4階と5階にはICON CRAFTというタイの工芸や名産を集めたエリアがあります。

こだわりの工芸品なのでお値段は高めなものが多いですが、丁寧に作られたこだわりのお品が多いので見るだけでも楽しめます。

本当に気に入ったものがあればぜひ思い出に買ってみてください♡

③各フロアの専門店

1-5階の各フロアにある専門店でもタイっぽいお土産を買うことができます。

バンコクTシャツ

NIKEやJASPAL、UNIQLOではタイ限定のTシャツがあります。

スパブランド

4階にはTHANN(タン)とHAARN(ハーン)の店舗が。

M階にはerb(アーブ)の小さなブースがあります。

Phufa(カゴ屋さん)

5階にあるこちらのカゴ屋さんはお手頃です。

かごバッグは400バーツ前後〜です。

④G階:スーパーマーケット(Dear Tummy)

G階(地上階)のフードコートの一角にあるスーパーマーケット。

お肉や野菜などの生鮮食品も売っていますが、お土産用の

  • お菓子
  • ドライフルーツ
  • インスタントラーメン
  • タイ料理の調味料
  • タイティー
  • 石鹸

なども取り揃えられており、まとめ買いをするとホテルまで届けてくれるサービスもあります。

その場で食べられるフルーツやペットボトルのお水を買うこともできます。

 

 

⑤G階:コンビニ(セブンイレブン)

タイ数字で711

G階(地上階)の道路側の出入り口の近くにセブンイレブンがあります。

お菓子、石鹸、小さなパウチの化粧品など、普通のセブンイレブンと同じようなものが買えます。

⑥5階:ワトソンズ(薬局)

5階のトイザらスの隣には日本で言うドラッグストアに当たるワトソンズがあります。

タイのコスメ、シミ取りクリーム、石鹸類などなど、一度立ち寄ってみるのも楽しいと思います。

タイ衣装の撮影

アイコンサイアム内でタイ衣装の撮影ができるお店がG階のsooksiamにあります。

アイコンサイアムの中ならタイ衣装のまま自由に着て歩いて良いそう。(アイコンサイアムの外には着て行かれないので注意)

※詳細情報作成中

噴水ショー・花火・夜景で夜まで楽める

アイコンサイアムでは、毎日夜7時、8時、9時から、川沿いで噴水ショーが行われます。

(2024年7月現在。ショーのスケジュールは季節ごとに変わる場合があります)

運が良ければ19〜21時の間で花火が上がることも!

5階・6階のレストランには景色を見れるテラス席もあるので、バンコクリバーサイドの川の景色や夜景を見ながらのお食事も良いですよ。

 

 

夜景が見えるテラスがあるレストラン一覧

  1. ジェームスブランジェリー(パン・カフェ・軽食)
  2. バーン・アイス(タイ料理)
  3. 紅包(中華)
  4. KUB KAO KUB PRA(タイ料理)
  5. Dark(カフェ・西洋料理)
  6. グレイハウンドカフェ(カフェ・西洋料理)

タイ発の人気カフェがたくさん

せっかくタイに来たのですから、

  • タイティー
  • マンゴー
  • ココナッツ

などのタイらしいデザートにトライしたい♪

アイコンサイアム にはタイの有名カフェが集まっています。

①東南アジアいちのスターバックス

アイコンサイアムといえば東南アジア一の面積を持つ素敵スタバが有名。

メニューは特にタイっぽい味のものはありませんがタイにしかないフラペチーノやゆずシャーベット入りのコーヒーがあります。

眺めのいいテラス席があることでも人気。

お土産としても記念になるタイオリジナルグッズもたくさんあるので要チェック!

②After You(アフターユー)

タイティーやカオニャオマムアン(マンゴースティッキーライス)味など、タイらしいフレイバーのかき氷が人気のカフェです。

フワフワの氷が美味しい。

食べ終わる頃には寒くなるので上着が必須です。笑

 

 

Cha Tra Mue

タイティーの老舗チャトラムーはバンコク旅行のマストトライ!

G階にあるのでぜひ試してみてください。

 

甘さは30%で十分甘い!

 

Pang Cha(パンチャ)

ビジュアルに圧倒されるパンチャのタイティーミルクティー。

中にパンが入っているタイの昔ながらのスタイルなので日本人的には賛否両論ですが、タイティの味を楽しめるので記念に良いかも♪

 

 

Little.p(リトルピー)

G階の高島屋の前にあるココナッツパンケーキの屋台。

もちもちで見た目以上に美味しいので、一度トライしてみて欲しいタイのお菓子です。

 

 

キッズの遊び場

アイコンサイアムにはキッズが遊べる場所がいくつかあります。

  1. 4階:高島屋のおもちゃ売り場
  2. 5階:1時間199バーツで遊べるプレイグラウンド
  3. 5階:本屋・ゲーセン・トイザラス
  4. 6階:ハーバーランド
  5. その他:臨時イベント

①4階:高島屋のおもちゃ売り場

高島屋4階のおもちゃ売り場では無料でレゴやメルちゃんで遊べます。

たくさんのおもちゃが置いているわけではないですが、ちょっとおもちゃに触れるだけでもご機嫌になってくれたらいいな♪

②5階:1時間199バーツで遊べるBRIX

5階にあるBRIXという小規模なプレグラは1時間199バーツで遊べます。

幼稚園児くらいまでの子ならここで十分だと思います。

お子さんにとって旅行は移動が多くてつかれるので、体を動かしてスッキリしてもらいたいです♡

身長制限は、130cmまでなので注意。

大きなお子さんは後ほど紹介するハーバーランドが◎

③5階:本屋さん・ゲームセンター・トイザラス

同じく5階には、

  • 本屋さん
  • トイザラス
  • ちいさなゲームセンター

が並んでいます。

うちの娘もたまに釣りのゲームをして遊びます。

④6階:バンコク随一の有料遊び場メガハーバーランド

バンコクで大人気の室内遊び場、ハーバーランドは6階にあります。

アイコンサイアムに入っているハーバーランドは他の支店よりも規模が大きめの、「メガハーバーランド」です。

 

 

入場料は3時間2700円と他の室内遊び場に比べるとちょっとお高めですが、それも納得の充実度。

(料金表には2.5時間と書かれていますが実際は3時間遊べます)

 

小学生も楽しめる!

 

⑤その他:臨時イベントもチェック

他にも、その時々で、

  • イベントホール(M階)
  • 川沿い屋外(G階)
  • 6階・7階の催事場

でも子ども向けイベントが開催されている時があるので公式インスタでイベントをチェックしてみましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ICONSIAM(@iconsiam)がシェアした投稿

サンダルや服のお買い物ができる場所

緊急でお洋服やサンダルが必要になった時に買うことができるお店を紹介します。

①1階:H&MとZARA

安定のH&MとZARAは1階。

タイは関税が高いので日本より割高です。

②2階:ユニクロ

2階ユニクロでは、タイ限定デザインのディズニーコラボのTシャツが売っているのでお土産にも◎

③高島屋4階:キッズフロア

こちらには西松屋が入っているので子供の肌着やちょっとした服を買うことができます。

その他、同じエリアにタイのお洋服屋さんも入っています。

赤ちゃんや小さい子向けの服が多い印象。

タイの民族衣装も売っています。

④3階:スポーツブランド

adidas、NIKEなどのスニーカーやサンダルはこちらのJDで。

大人用が多いですがキッズサイズも少しあります。

クロックスやスケッチャーズは独立店舗があり、キッズサイズがあります。

スポーツブランドも日本より全体的に高いです。

⑤5階:mother care

H&MやZARAよりもお手頃な気がします。

下着、お洋服、水着まで色々と売っています。

6歳くらいまでの子の服が多いですが一応10歳まで取り扱いあります。

⑥メリッサ・ジェリーバニー

どちらともラバーサンダルのお店。

本家メリッサと、タイブランドのジェリーバニーです。

お手頃なのはジェリーバニー。

子ども用のトイレ・授乳室

アイコンサイアムはどのフロアのトイレも綺麗で日本人でも全く抵抗なく使うことができます。

高島屋の4階には子ども向けの小さなトイレや授乳室もあります。

場所が分かりづらければ店員さんに聞いてみてください。

アイコンサイアムのトイレ

アイコンサイアムはトイレが可愛い。

日本人にも全く抵抗ない清潔さです。

各フロアで全く違った雰囲気があるので楽しめます。

【お得情報】旅行者も在住者もツーリストカードを作ろう

アイコンサイアム全体で使えるツーリストカード(無料)を作るとお得にお買い物できます。

例えばG階のスーパーマーケットでは、ツーリストカードを見せると150バーツ分のクーポンをゲットできます。
※いくら以上で使えると制限があるけどいくらだったかわすれちゃった…

他にもレストランやショッピングがお得になるからこのカード、すごい。

例えばレストラン・カフェだとこんな感じ。

化粧品やNIKEなども割引なので、詳しくはこちらのページをチェックしてください。

ツーリストカードの作り方

ツーリストカードはこちらの画像からQRコードを読み込んで登録できます。

または、ICONSIAMの1階(日本で言う3階)にあるツーリストカウンターに行けば作り方の案内をしてもらえます。

ツーリストカウンターでは免税手続きもできますから寄ってみてください。

アイコンサイアム徹底解説まとめ

バンコクに来たら一度は寄ってみたいアイコンサイアムのポイントや売り場をご紹介しました。

広くて人が多いので、買いたいものを求めてうろうろしてしまうと疲れてしまいます。

なので子連れの方はあまり無理をせず、

  • 時間に余裕を持って行く
  • あそこもここもと欲張らない
  • 行きたいお店があるなら自分で探す前にスタッフに場所を尋ねる
  • こまめにカフェに入って休む

などを心がけて体力を温存しながら楽しんでください

楽しいバンコク旅行になりますように♡

ICOMSIAM(アイコンサイアム)

Google Map で開く
営業時間:10:00-22:00
WEBサイトはこちら

タイトルとURLをコピーしました