アイコンサイアム(ICONSIAM)で見つけたタイっぽお土産をまとめます【バンコク旅行】

子連れバンコク観光ナビ

 

家族でタイのバンコクに移住したなぽりです♪

Instagramではタイ移住生活を投稿しています。

 

バンコクで観光の方に一番オススメのショッピングモールといえばリバーサイドにあるアイコンサイアム(ICONSIAM)

タイを存分に楽しめるエンタメ的なショッピングモールです。

アイコンサイアムではお土産にもなるタイっぽグッズが沢山売っているので、せっかく足を運ぶなら買いたいものを買い忘れず♪

今回は、週2で通っている私が見つけた、

アイコンサイアムで買えるタイっぽ土産

をご紹介します。

お菓子やばらまき土産はG階のスーパーマーケットで買えるのでこちらをご覧ください。

 

 

各フロアが広いのでお店を見つけるのが一苦労です。

 

体力温存のためにその辺の人に写真を見せてどこにお店があるか聞いてみてください。

 

G階:sooksiam

G階(地上階)のsooksiamエリアにあるタイ工芸品をご紹介します。

1. タイ料理のミニチュア

売っているお店がだんだん増えてきているタイ料理のミニチュア。

SOOK SIAMだけでも3店舗ほどのミニチュア屋さんがあります。

私の妹はバンコク旅行で食べたタイ料理のミニチュアマグネットを買って帰り、見るたびにタイ旅行のことを思い出しているそうです。

キーホルダータイプ、マグネットタイプなどいろいろ。

屋台ごと再現された商品も!

マグネットタイプは1つ100〜150バーツ(400〜600円)。

タイ在住の日本人界隈ではタイ料理のミニチュアを自分で作ってみるワークショップも人気です。

2. 染め物のTシャツ【Madam slow life】

チェンマイなどタイの東北部では染め文化が盛んです。

G階(地上階)のスーパーマーケットの近くにある子供服屋さんは

  • 北部タイの伝統工芸の絞り染め
  • タイダイ染め
  • 葉っぱやフルーツ模様の染め

の布を使ったTシャツやハットが可愛いお店です。

Tシャツ290バーツ

涼しげなワンピ590バーツ

Tシャツが290バーツ(1,100円ほど)とお手頃で、生地も作りもしっかりしています。

強すぎない色合いが可愛い。

大人用もあります

タイダイのハットは190バーツ

チャトチャックやアジアティークなど観光客が行くマーケットでもタイダイ柄の服もたくさん見かけますが、マーケットで売っているものはペラペラ&チープな感じで、よく見ると中国産。笑

対してこのお店は生地がしっかりしたタイの工芸なので上品に見えてとても良いと思います。

ハンドペイントのTシャツも!

こんな織物の生地もタイ北部(チェンマイなど)の工芸品です。

お店のインスタもチェック↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

Madam SlowLife(@madam_slowlife)がシェアした投稿

3.  オリジナルで作れるビーチサンダル

色やデザインやチャームを選べるオリジナルのビーサンも記念になりそう。

大人用も子ども用もあり、子ども用199バーツ〜(750円)と割とお手頃です。

好きなチャームを選んでつけられます(1つ10パーツ〜)

4. セミオーダーの革製品

本革のパスポートケースやキーホルダーにイニシャルや名前を入れてくれるお店です。

欧米やアジア各国の人たちにも人気なようでいつも人が群がっていますから、時間に余裕を持って訪れると良いと思います。

パスポートケース100バーツ(400円)

キーホルダー50バーツ(200円)

4. タイ工芸品【OTOP outlet】

タイのあちこちでよく見かけるこのOTOP(オートップ)というお店がアイコンサイアムにもあります。

OTOPとはタイ政府が推進する「タイ一村一品運動」と言うもので、タイの農村部などの各村が一つの村に一つの主要商品を作り、国が規定したクオリティに達するもののみを取り扱っているそうで品質はお墨付き。

OTOPについて詳しくはこちらをご覧ください。

人気のタイパンツもこの近くのお店で買えます。(150バーツ〜)

5. ガネーシャの指輪【Wear a wish】

ガネーシャが抱きつくように見える指輪。

ブラピンのリサちゃんがこのブランドのネコの指輪をつけたことで人気になったとか。

ガネーシャ意外の動物も色々あります。

指輪とお揃いのネックレスも。

LG階:ヤードム専門屋台

※このお店は出店してる日としていない日があります。

バンコク中でヤードムを売っているお店は沢山見ましたが、このお店ほど品数が豊富なのはなかなかない!

アイコンサイアムのLG階(スシローと高島屋の近く)にあるヤードム屋台は、試供もできるのでお気に入りの香りを見つけられるはずです。

4階:高島屋の生活コーナー

アイコンサイアムの道路側(船で来た場合、建物に入って一番奥の右)には日本の高島屋が入っています。

生活用品コーナーの一部にはタイらしい小物が。

1. タイ柄のコースター【KING COASTER】

こちらはの高島屋4階のキッチン・リビングコーナーで見つけたKING COASTERというメイドインタイのコースター。

珪藻土かな?焼き物でできていて、吸水するタイプです。

アイコンサイアム以外にも、タイグッズを扱う雑貨屋さんで見かけます。

タイ在住の方はLazadaでも注文可能!→リンク

タイに住んでいるとよく見かけるお椀の柄

柄のバリエーションがありすぎて迷いますが、どの柄もすごく鮮やかで可愛い。

2. 高級アロマキャンドル【THANIYA】

ホテルのお土産屋さんでも取り扱いを見かけるこちらの高級アロマキャンドル。

置いておくだけでアロマが香るそう。

円柱タイプのものはキャンドルを使い終わった後に花瓶として使う方も多いです。

ベンジャロン(カラフルなもの)の小さいもので900バーツほど

4-5階:アイコンクラフト(ICON CRAFT)

4階のアイコンクラフトは高品質でこだわりの品を扱ったタイっぽ雑貨のコーナーです。

数えきれない種類のものがあるのですが、ほんの少しだけピックアップしてご紹介します。

タイ産のチョコレート【SIAMAYA】

タイ産チョコレートのSIAMAYAは、タイっぽ味のチョコレートが!

  • マッサマンピーナッツカレー
  • トムカーココナッツカレー
  • コーヒー&ポメロ

など日本には絶対にないようなフレイバーです。

こちらのチョコレートはG階にあるディアタミーというスーパーマーケットにも取り扱いがあるので4階まで行かなくてもそちらで購入できます。

キャンドル【Thaniya】

こちらでもキャンドルのThaniyaを取り扱っています。

ほんとに可愛い。

5階:子ども向けの本屋

5階の子どもの遊び場の隣にある本屋さんでも、タイっぽ雑貨を発見。

特にタイっぽイラストのメガネ拭きはお土産に人気です。

G階:高島屋内のブルーエレファント

高島屋G階にはブルーエレファントという有名レストランが監修したタイ料理の調味料のお店があります。

普通のスーパーにも安い調味料が売っていますが、ブルーエレファントのものはパッケージも味も高級感ありでお土産にぴったり。

タイ料理に慣れていない友達にタイ料理のペーストをあげてもお料理するのが難しいので、温めてすぐに食べられるレトルトや全ての材料が入ったキットをあげましょう。

G階:セブンイレブン

他のセブンイレブン同様、アイコンサイアムのセブンイレブンでもお土産になるものが買えます。

例えば、タイ産の蜂蜜。

個人的にはドイカムブランドのマナオ(タイのライム)がブレンドされたものが面白い。

日本でも見かけることがあるタイの人気キャラクター「マムアンちゃん」とのコラボ商品は取り扱いがあったりなかったりなので、可愛いのを見つけたら買っておくと◎

色んな専門店にあるタイ限定グッズ

スタバやファッションブランドのタイ限定グッズも、思い出に残るお土産になりそうです。

スターバックス

世界中で定番のスタバの限定商品。

バンコクだけでなく、タイの各都市のグッズの取り扱いがあります。

2階:NIKE

ナイキにも都市オリジナルデザインのTシャツがあることで有名ですよね。

時期によりますが、この間行った時はこんなデザインが。

NIKEショップは2階(アップルストア隣)です。

M階:JASPAL(ジャスパル)

タイのアパレルブランドのJASPAL(ジャスパル)でも、バンコクやチェンマイなど都市ごとのデザインTシャツがありました。

義母がお土産に買っていっていましたが、写真を撮り忘れたので公式サイトからお借りしました。

公式サイトはこちら

2階:ユニクロ

ユニクロは2年に一度くらいのペースでタイ限定のディズニーコラボTシャツを発売します。

トムヤムクン、かオニャオマムアン、ムエタイ、ココナッツなどタイらしいモチーフとミッキーミニーのコラボはディズニーファンじゃなくともたまりません。

5階:Phufa(タイの工芸)

5階にあるこちらのカゴ屋さんはお手頃です。

かごバッグは400バーツ前後〜です。

アイコンサイアムで見つけたタイっぽお土産まとめ【バンコク旅行】まとめ

アイコンサイアムで見つけた、バンコク旅行にピッタリのタイっぽお土産をご紹介しました。

今回ご紹介したお土産はちょっと値が張るものが多いので、大事な友達やご家族、そしてなによりもご自身のタイ旅行の記念としてお気に入りの一品を見つけてもらえたら嬉しいです。

バンコク旅行全体が楽しくなる情報はこちらの記事にまとめました。

 

 

バンコク旅行が楽しいものになりますように。

 

タイトルとURLをコピーしました